セラミドの役割

セラミドの役割

美肌を保つために欠かすことができない成分として、セラミドは注目されています。
セラミドとは、いったい何なのでしょうか。
お肌において、どのような重要な役割を担っているのでしょうか。

セラミドとはどういうものか

セラミドはスフィンゴ脂質の一種ですが、細胞と細胞の間のクッションのような形で、皮膚の表面に近い細胞膜に存在しています。
表皮の角質間の脂質の半分はセラミドで形成されていますので、お肌においてとても重要な成分であることがわかります。

 

 

セラミドは水と油でできていて、水の層と油の層が段々に重なっている、ラメラ構造と呼ばれる層になっています。
このラメラ構造が、水性の異物と油性の異物の両方からお肌を守っているといわれています。

 

セラミドは、お肌のターンオーバーで細胞が生まれ変わる過程で生まれます。
若いお肌にはセラミドは十分含まれていますが、加齢や環境などによりセラミドの量は減ってしまいます。

セラミドのお肌における役割とは

お肌の一番表面にある角質層に、セラミドは存在します。
セラミドがたっぷりと存在していると、水分や油分をお肌に十分ためこむことができるので、潤いのあるお肌を保つことができます。

 


出典:ディセンシア アヤナス

 

また、バリア効果で異物からお肌を守ってくれますので、肌トラブルも起きにくくなります。
細胞と細胞をくっつける役割をしていますので、ハリと弾力のあるお肌にセラミドは欠かすことができないといえるでしょう。

 

角質層が健やかであると、お肌のターンオーバーが正常なサイクルでおこなわれますので、セラミドも新しく生まれます。
美肌には、セラミドは絶対必要な成分です。

セラミドが不足するとどうなるのか

角質層のセラミドが不足してしまうと、まず水分をためこむ機能が落ちてしまい、お肌の乾燥が進んでしまいます。
さらに、紫外線や異物などからお肌を守るバリア効果も弱くなるので、肌トラブルに負けやすくなります。
お肌の弾力が失われ、シミやしわの原因にもなります。

 


出典:ディセンシア アヤナス

 

乾燥肌や肌トラブルのある人は、角質層のセラミドの量が著しく少ないとの報告もされています。
乾燥がひどい人は、足りないセラミドを外部から補ってあげることで徐々にお肌を改善することも可能です。
また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつに、セラミド不足が関係しているとの報告もあり、さらに目が離せない成分とされています。

 

 

セラミドが十分にあるお肌は、健康的でトラブル知らずだといえるでしょう。
セラミドを減らさないように、食事でセラミドを意識して摂ったり、セラミド化粧品を使うものとても大切なことです。