セラミドの種類とそれらの効果

セラミドの種類とそれらの効果

お肌の保湿には欠かせないセラミドが配合されている化粧品は、エイジングケアとしてとても人気があります。
化粧品の原料としてのセラミドは、主に4種類に分類されます。
それぞれのセラミドの種類と効果について、調べてみましょう。

天然セラミドの特長と効果

天然セラミドは、動物の脳や脊椎などから抽出したセラミドで、ビオセラミドやセレブロシド、ウマスフィンゴ脂質と表示されます。
狂牛病が問題になる以前は、牛から抽出されていましたが、最近は馬からの抽出が主になっています。

 

人間の角質層の細胞間の脂質と似通っているということで、保湿力にはとても優れています。
バリア機能の修復や肌荒れの改善に効果が期待できるため、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人も安心して使うことができます。

植物性セラミドの特長と効果

植物性セラミドは文字通りコメやトウモロコシ、大豆などの植物から抽出されたセラミドで、植物性セラミドやコメヌカスフィンゴ糖物質と表示されます。
コメや大豆はアレルギーを持っている人もいるため、こんにゃく芋から抽出されたセラミドもあります
植物性セラミドは動物性のセラミドより刺激が少なく、肌の浸透力が高いという特長があります。
動物性のセラミドと比べると、保湿効果が弱くなりますが、その分求めやすい値段のものが多いようです。

ヒト型セラミドの特長と効果

ヒト型セラミドとは、酵母を使って人間のセラミドにより近い構造にしているセラミドです。
化粧品としての表示は、セラミド1、セラミド2など人の肌で解明されているセラミドと同じになります。

 

ヒト型セラミドは他のセラミドと比較しても、圧倒的に保湿力に優れているのが特長です。
しかも低刺激で、浸透力も抜群に良いです。
加齢とともに減少していくお肌のセラミドを補うには、ベストなセラミドだといえるでしょう。

合成セラミドの特長と効果

合成セラミドとは、科学的にセラミドを合成したもので、成分としてはセチルPGヒドロキシエチルパルミタンドなどと表示されています。
合成というと良くないイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ヒト型セラミドも合成セラミドのひとつになります。
抽出が難しくどうしても高価になってしまう天然セラミドに比べ、効果は弱くなりますが安価で手に入れることができます

 

セラミドといっても、化粧品によって配合されているセラミドも違いますし、セラミドの種類によって効果も値段も違います。
ですから成分表をチェックして、どのセラミドを使うのが良いか、自分なりに考えてみてくださいね。