セラミドはにきびに効果が期待できるの?

セラミドはにきびに効果が期待できるの?

セラミドがお肌の潤いを保つためには欠かせない成分であることは、広く知られています。
では、にきびで悩んでいる人にもセラミドの効果は期待できるのでしょうか?
セラミドでにきびが改善するのか、くわしく調べてみましょう。

にきびは乾燥肌でもできる

 

にきびができる人は脂性の人だと思われがちですが、乾燥肌の人もにきびができやすいといわれています。
乾燥肌の人は、バリア機能が低下していたり正常なターンオーバーが行われてないため、角質層が分厚くなることがあります。
いわゆる、角質が過角化するということで、これにより毛穴に皮脂がつまりやすくなって、にきびの原因となるのです。

 

では、なぜ乾燥肌になるかというと、一番にあげられるのは角質層のセラミド不足でしょう。
セラミドが少なくなると、肌の水分量が減り、それに伴いバリア機能も衰えてきます。
バリア機能が衰えると、肌は角質を分厚くして外部の刺激から逃れようとするのです。

セラミドの補給はにきびに効果的

 

乾燥肌が原因でにきびができる人には、セラミドを補給してあげることはとても効果的だといえます。
低刺激で肌に浸透しやすく、保湿力にすぐれたセラミドを与えることで、肌は水分を蓄えることができます。
バリア機能も高まりますので、余分に角質を厚くする必要もなくなるため、過角化も防ぐことができます。
さらに、ターンオーバーも正常に戻れば、新しく自力でセラミドを作ることができるようになるでしょう。

 

にきびを改善するためには、セラミド配合量が多くて保湿効果の高いものを使用するのがおすすめです。
セラミド2などが配合されているかどうか、成分表をチェックしてくださいね。

過剰な保湿ケアは禁物

 

にきびの原因は、乾燥だけでなくストレスや食生活など、さまざまな原因が考えられます。
ですから、乾燥肌が原因でできたにきびにはセラミドは有効ですが、それ以外が原因の場合は当然効かないこともあります。

 

また、保湿の仕方がまちがっている場合もあります。
油分の多いクリームなどで保湿ケアをしすぎる人は、毛穴をつまらせてしまい、逆ににきびを作ってしまいますので注意してください。
セラミドには高い保湿効果が期待でき、同時に水分の蒸発を防ぐ効果もあります。
セラミドでシンプルなスキンケアをすることで、にきびのできにくい肌を目指しましょう。

 

にきびケアをする際には、まずはできた原因について考えることが大切だといえます。
保湿することで改善するにきびには、セラミドはとても効果的なのでぜひ試してみてください。

 

おすすめはセラミドが配合されていてニキビケア向けのバランシングラインです。
肌にも優しく作られていて良いのではないでしょうか。